MENU

知っておきたい!ラシックスの正しい飲み方。

 

利尿剤として用いられるラシックスは
むくみ防止や、足痩せなどにも効果を発揮しますが、
あまり効果がないいと言われる方も多いです。

 

効果がなかったと言われる方の中には、
体質も関係するのかもしれませんが、
体質を除いた部分で考えると、服用するタイミングや
飲み合わせが原因なのかもしれません。

 

そこで今回は、ラシックスの正しい飲み方を紹介します。

 

 

ラシックスの正しい飲み方

 

ラシックスは、飲み過ぎると血圧低下などを
引き起こす可能性もあるため、用法容量を守って飲む事が大切です。

 

ラシックスは、1日1回もしくは隔日経口投与により、
40〜80rを取るのが好ましい、とされます。

 

簡単に解釈すると、毎日40r〜80rを飲むと良いですよという事です。

 

このラシックスですが、本当に効き目が強く
服用後1時間ほどで効果が出ることもあります。

 

 

ですので、仕事をしている方は朝飲むと
仕事中に何度もトイレに行かなくてはいかないので、
朝飲む方も多いようですが、あまりお勧めしません。

 

 

ラシックスは、通常治療の名目で処方される際は、
食後に飲むように処方されますが、
むくみ取りやダイエットで飲む方には
いまいち効き目が薄いという方が多いです。
服用は満腹時よりも空腹時の方が効きやすいので、服用するのであれば、
晩御飯を食べて暫くしてからの服用が好ましいかと思います。

 

勿論夜中にトイレに起きるという事はありますが、
仕事にならないよりは良いかなと思いますよ。

 

 

避けるべき飲み合わせ

 

もしも、服用する際は、ジギタリス(心臓の薬)やリチウム(精神安定剤)
または降圧薬と併用する際は注意が必要の様で、
自分の判断で合わせて服用しないようにしましょう。

 

また、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと
副作用が強くあらわれる可能性
があるため
一緒に飲む事は避けた方が良いです。

 

他にも、利尿作用のあるビールやお酒と一緒に飲むのは
脱水症状を引き起こす可能性
があるため良くないです。

 

 

さらには、効果があらわれないからと、
多く服用すると血圧低下や心電図異常、血栓症を引き起こす可能性があるので、
絶対に決められた量以上は服用しないようにしましょう。
用法容量を守って、服用していきましょう。